検索窓
会社情報
スタッフ募集!
診療科目
最新情報
キャンペーン情報
お問合せ
最新のトラックバック
最新のコメント
日記
以前の記事
メモ帳
リンク
 坐骨神経痛・・・は椎間板ヘルニア・変形症脊椎症・すべり症・腰部脊椎管狭窄症などを原因とする症候名です。
人口の4〜6%に発生するといわれ、20〜40歳代では椎間板ヘルニアに起因することが多いと言われています。(高齢者では、脊椎管狭窄症が多いです)
症状としては、腰から足までの痛み、しびれが主でひどくなると歩くことも困難になります。

※仰向きで寝た状態で痛みの出ている足を上げようとすると上がらない・痛みが強くなるなどの症状が出ます。(ラセーグテスト)

治療としては坐骨神経痛の原因によりマッサージ・鍼(電気)・温熱治療など、またそれらを併用し、一人一人にあった治療を行なっていきます。 痛みを軽減させ少しでも日常生活の動作を楽にしてあげられるお手伝いができればと思っています
しびれ・痛みでお悩みの方1度是非ご相談ください。

★自己予防としては・・・同じ姿勢を長時間続けない・体重増加に注意する
               また、コルセット・テーピングをうまく利用するのもよいでしょう。  


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています